スポンサーリンク

汗疹(あせも)」は誰にでも起きる

汗疹暑い夏、汗疹ができて悩んでしまったことはありませんか?

実は汗疹とはあらゆる原因で人の肌に起きる炎症反応のことをいいます。
汗疹は肌がかぶれたり、真っ赤になって腫れあがったりなど、さまざまな病状を起こします。

しかしこれらの汗疹は早めに処置し、しっかりとケアすることで簡単に治すことができます。治療法をご紹介したい気持ちは強いのですが、特にこれといった治療がないのが現実です。しかし汗が出たら拭き取ったりして再発を防止したり、扇風機をかけたり、冷房の効いた部屋に入るなどという治療があります。

またお風呂でしっかりと体を洗うことも大切になってきます。

少しでも皮膚の赤みを感じたら、汗をこまめに拭いたり、汗疹がひどくならないように早めの処置をとってください。

湿度が高く、最近では猛暑日が多く観測される日本では老若男女問わず汗疹がとても発症しやすいので、皆さんも日常的に気をつけておく必要があります。

このサイトでは汗疹(あせも)に関する様々な情報が掲載されています。ぜひこのサイトを活用して汗疹に対する理解が深まれば幸いです。

汗疹の種類

汗疹を伴う疾患には、とても多くの種類があります。

小さな水疱のたくさん出来る「水晶様汗疹」や、患部が熱を持ちぴりぴりとした痛みを伴う「紅色汗疹」・「深在性汗疹」、 夏場には特に多く発症することの多い「エクリン汗孔炎症」etc‥。
これらの汗疹はきちんとケアをすれば簡単に完治するものがほとんどですが、あまりにも悪化するとひどい皮膚のただれや膿を持つといった症状もしば引き起こしてしまうため、早めはやめの処置が大切になってきます。

汗疹の症状

実際に汗疹を発症すると、その肌には前述の通り、さまざまな症状が現れることになります。・赤み ・ただれ ・膿 ・かゆみ ・痛み ・皮膚がめくれる ・患部の発熱等…汗疹にかかると、ほとんどのケースで、このような症状の内複数のものが一度に見られることになるでしょう。中でも汗疹の症状として特に顕著なのが“皮膚の赤み”です。

汗疹を引き起こしている肌には、炎症部分が広く赤みを持つものや、ポツポツとした斑点状の赤みなど、色々な形で強い赤みを持っていることがほとんどです。もしも汗疹にかかった場合には、このような赤みの広がり方やその他の症状から、汗疹の中でもどのようなタイプのものを発症したのか、見極める目安にするとよいでしょう。

スポンサーリンク

東京都23区内の皮膚科を探す

世田谷区港区中央区品川区渋谷区大田区千代田区新宿区
足立区江戸川区杉並区目黒区練馬区江東区板橋区葛飾区
台東区
文京区中野区豊島区墨田区北区荒川区